WEB

ホームページを作るなら絶対に抑えたい! 集客・販促に直結させる4つのポイント

インターネットが普及した現代にとって、ホームページは会社の顔そのもの。古くて見づらいホームページは、会社全体のイメージダウンを招きかねません。今回は、会社の印象アップと問い合わせ件数増が見込めるホームページ制作のポイントを解説します!

会社の印象アップ!レスポンシブデザイン!

今は誰でもPC、タブレット、スマートフォンで情報を閲覧できる時代。どの端末で見ても見やすいホームページを作らなければなりません。PCで見ると問題ないけれど、スマートフォンで開いたら比率が合っていなくて見づらい・・・そんなことにならないために大切なのが「レスポンシブデザイン」。これを取り入れると、デバイスにあわせてレイアウトが自動で調整されるようになります。どの端末でも見やすいホームページにすることで、ユーザーに余計なストレスを与えることなく情報を開示。読み込んでもらいやすいホームページができあがるのです。

コンテンツを充実させて、期待感増!

「この会社にお願いしよう」と思ってもらうためには、ホームページを見やすく整備することがポイントです。見やすく整備するためにも、掲載コンテンツの選定を行いましょう。似たような内容をひとつにまとめてしまう、ホームページ内の階層を減らすなど、ユーザーの手間を省いた構成を心掛けると◎です。

また、コンテンツを充実させることも大切です。情報が少ないホームページは、会社に対する期待度の低下を招いてしまうかもしれません。販売商品やコラムなどの情報を充実させ、じっくり読んでもらえるホームページを目指しましょう。

導線を見直して問い合わせゲット!

ホームページは見てもらっているけれど、資料請求や問い合わせにつながらない・・・そんな方は、ホームページ内の導線に注目してみましょう。ユーザーがホームページを見て興味を持ったとしても、問い合わせ先が分かりづらければ、せっかくのチャンスがなくなってしまいます。トップページの目立つ場所や記事の最後などに資料請求や問い合わせのリンクを貼っておけば、ユーザーの興味や関心を高めたまま次へつなげやすくなります。チャンスを逃さないよう、今一度ホームページを見直してみましょう。

リピーター獲得のカギは、定期的な更新&分析!

ホームページをきれいに整えても、更新されなければユーザーの興味が薄れてしまうかもしれません。リピーター獲得のためにも定期的に更新し、繰り返し訪れてもらえるようにしましょう。

また、どんな内容が最も見られているのか把握できるとベスト!アクセス解析を通して、ユーザーがどんな情報に興味を持っているのか調査しましょう。反応が多かったページの情報を厚くすることで、さらに読んでもらえるホームページができあがります。ホームページを見に来る人はどんな人なのかを想定し、ターゲットに沿った情報を発信していきましょう。

ホームページのあれこれも、ル・プロジェにおまかせ!

このほかにも思い切ってデザインを一新する、WEB広告を使って集客するなど、ホームページをユーザーに認知させ、成果につなげる方法はたくさんあります。広報でお困りの方は、ぜひ一度私たちにご相談ください!一から新しいホームページを作ることはもちろん、現在のホームページをプロの目でチェックし、よりよい内容をご提案することも可能です。些細なご相談でも大歓迎。まずはお気軽にご連絡ください♪